本文へスキップ

ひらがな・漢字の読み書きが苦手な子どもたちの 一般社団法人 はなみずき特別支援教育研究所

電話でのお問い合わせはTEL.048-783-3125

〒362-0043 埼玉県上尾市西宮下1丁目6-2

読み書き障害dyslexia

こんな子どもがいたら  早めのサポートが

1.本など読んでいる時、読めているようだけど何か変な感じがする。
2.「む・か・し・あ・る・と・こ・・・」一文字一文字読んでいる。
3.読むスピードがととも遅い
4.黒板を写すのがとても遅い

5.拗音(ちゃ・ちゅ・ちょ・など)をよく間違える。
6.字の形がおかしい。(鏡文字や、字のバランスが極端に変)
7.授業中ボーとして、集中力が続かない。
8.おしゃべりが止まらない。
9.図書館で借りる本がなかなか決められない。


もしかしたら・・・・読み書き障害かも!

もしかしたら・・・・・
読み書きがとても苦手な子どもかもしれません。
病気ですか?
 色々なケースが考えられますが、
 
読み書きが苦手な子どもから発達性読み書き障害
 子どもまでいます。

負の連鎖が続きます。  早くサポートして抜け出しましょう。

    

たかが読み書きと思っていませんか?
されど読み書きです。授業について行けなくなり負の連鎖におちこみます。
勉強、学校が嫌になり不登校、引きこもりと大きな問題の二次障害が発生するケースもでてきます。 

読み書きが苦手なだけで、その子の能力が発揮できません。

読み書きが苦手なだけで
 
ほかの能力は正常以上あっても、
その子の能力を発揮する機会を失う可能性があります。

高学年からでは問題をかかえていたり、思春期などでスクリーニングをするのを嫌がったりで診断をするのが難しくなってきます。
 小学校低学年の早いうちにサポートが出来ることが大切なのです。
  

※発達性読み書き障害(苦手・困難)に気ずき早めの支援・サポート・対処をすることで授業にも参加でき、学校でも自分の居場所が出来てきます。
すると学校が楽しくなり勉強も・・・プラスの連鎖がはじまります。
ゆくゆくは学力アップにもつながってきます。

   

information

一般社団法人 はなみずき特別支援教育研究所

〒362-0043
埼玉県上尾市西宮下1丁目6-2
TEL.048-783-3125
FAX.048-783-3125
Email.hanamizuki.ageo@gmail.com